医療法人大分記念病院

消化器内科・内視鏡内科

消化器内科・内視鏡内科DIGESTIVE/ENDOSCOPE

特徴

特徴

消化器内科疾患全般を診療いたしますが、特に消化器内視鏡検査を中心にして胃がんや大腸がんの早期発見や内視鏡切除を多く実施しております。全スコープにて NBI(狭帯域光)観察、拡大観察が可能なため、当日受診で上下部内視鏡検査を連続で施行できるようにしています。
消化器内科医を中心に、内視鏡スタッフ、放射線科スタッフなどの連携により消化器疾患全般にわたって、診断および治療のために迅速かつ精度の高い診療を目指しております。

主な疾患

上部消化管

  • 胃癌
  • 食道癌
  • 食道静脈瘤
  • 出血性胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍

下部消化管

  • 大腸癌
  • 直腸癌
  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病

肝臓、胆道、膵臓など

  • B型、C型肝炎
  • 肝硬変
  • 肝腫瘍
  • 胆道疾患
  • 膵臓疾患

取り組み・治療方針

早期胃がん

可能であればESD(内視鏡的粘膜剥離術)を行います。

大腸腫瘍切除

ESD、 EMR(内視鏡的粘膜下層剥離術)、CSP(Cold Snare Polypectomy)によりClean Colonを目指して内視鏡的切除をします。

炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病等)

5-ASA製剤の内服、ステロイドホルモン、免疫抑制剤、生物学的製剤等を用いて患者さんの症状に応じた適切な治療をいたします。

担当医

  • 木村 孝(非常勤)
  • 堤 康志郎(非常勤)

担当医表

受付時間
午前 - 木村 - 木村 -
診療予約RESERVE