医療法人大分記念病院

神経内科

神経内科NERVOUS

特徴

神経内科は脳や脊髄、手足の神経、筋肉の病気をみる内科の一部門です。めまい、しびれといった日常よく見る症状に対して、神経学的診察を重視した診療を行います。
脳血管障害について、その初期診断、急性期、慢性期の治療やリハビリテーションを行っています。
頻度の高い神経疾患としてパーキンソン病があり、その治療に取り組んでいます。パーキンソン病の症状進行に応じて、リハビリテーション部門やソーシャルワーカーとともに療養支援を行います。
血液疾患や腎不全に関連する神経症状に対応することも多く、それぞれの専門医師と緊密に連携して診療を行う体制をとっています。
神経内科が対象とする疾患の多くは、高齢者あるいは高頻度にみられるもので、認知症もその一つです。超高齢化社会を迎え、認知症は大きな医学的・社会的問題となっています。
当院でも認知症について適切な医学的管理を実施し、必要なケアを受けることができるように積極的な援助を行っています。

主な疾患

  • 脳血管障害
  • パーキンソン病
  • 頭痛
  • 認知症

関連する診療科、部署委員会

  • リハビリテーション科
  • 医療福祉地域連携部

担当医

担当医表

受付時間
午前 - 松室 松室 - 松室 -
午後 - - - 松室 - -
診療予約RESERVE