医療福祉のご相談


医療福祉のご相談

より緊密な関係を深める絆ー。医療と地域を結ぶ―。

近年の医療を取り巻く環境の変化によって、医療・福祉機関の連携と適切な役割分担がますます重要視されるようになりました。
このような状況を踏まえ、医療福祉相談室は、当院の病床や診療機能を地域の多くの方々に有効に利用していただき、医療・福祉の両面から患者さんのサポートをすることを目的とし開設いたしました。
当室は、地域の医療・福祉機関をはじめ、地域社会との信頼関係を築くことにより、当院が地域の中で急性期医療機関としての役割を担い、患者さんに最適な医療サービスを提供できるよう支援します。

医療福祉相談室

病気になり、通院や入院をする必要性が生じたとき、健康なときには考えもしなかったことを不安に感じたり、心配をすることがあります。そのような時、医療福祉相談室では患者さんやご家族からのご相談をお受けしています。患者さんが抱える問題を一緒に考え、少しでも解決していけるよう、現在、専門の相談員(医療ソーシャルワーカー)3名がお手伝いをさせていただいております。

お伺いした、お話の秘密は必ず守ります。
また、相談は無料で行っておりますので、まずはお気軽にお声をおかけください。

相談業務

例えば

  1. 自宅での生活に関する不安
    「介護について悩んでいる」、「介護保険制度・高齢者福祉サービスなど、よく耳にするけど利用方法がわからない」、「訪問看護を利用したい」、「家に手すりなどを付けたい」、「ベッドや車椅子・簡易トイレなどの福祉用具を使いたい」、「治療食の配達をしてほしい」など
  2. 退院先に関する不安
    「退院後自宅に帰れない」、「施設や療養できる病院を探しているが申し込み方法がわからない」、「高齢者の施設にはどういう所があるのかわからない」など
  3. 経済的な不安
    「医療費が支払えるか心配がある」、「医療費を支払うことで生活費などの心配が出てくる」など
  4. 療養生活に関する不安
    「職場復帰ができるか不安」、「療養中の対人関係の悩み」など
  5. その他
    「制度(例えば、高額療養費制度、身体障害者手帳、障害年金、特定疾患制度、生活保護制度、など)の利用方法がわからない」、「その他何か不安を抱えているが、誰に話したらよいかわからず悩んでいる時」など

連絡方法

医療福祉相談室まで、直接お越しいただくか、外来受付や病棟看護師等、病院職員にお声をかけてください。MSWがお話をうかがいに参ります。また、相談の都合上、やむを得ず当日にお話をうかがえない場合は、後日こちらからご連絡いたしますので、何卒ご了承下さい。

受付時間

8:30~17:00(土曜日/8:30~12:00)

お問合せ

097-578-6607

訪問看護室

ご家庭での療養を希望される方や、退院後の生活に不安をお持ちの方が安心して在宅生活を送ることができるように訪問看護を実施しています。
現在、看護師1名が患者さんやご家族に「心に添った看護の提供」を目標に訪問看護活動を行っています。ご本人のみならず、ご家族の病気や介護に対する不安・負担にも目を向け、介護支援専門員をはじめ関係機関や主治医、ソーシャルワーカーと連携をはかりながら、不安・負担の軽減に努めています。

» ページトップ