神経内科

様々な神経疾患の診断、治療

当院の神経内科は、独立した診療科として神経疾患のみを診るのではなく、内科チームの一員として様々な神経症状に対する診療を行っています。

脳血管障害については、その初期診断(必要に応じて高次医療機関に紹介)と慢性期治療を行っています。
頻度の高い神経疾患としてパーキンソン病があり、その薬物治療に取り組んでいますが、当院では症状が進行し、ADL(日常生活動作)の低下したパーキンソン病の患者さんの診療を依頼されることも多いです。そのため、当院ではリハビリテーション部門やソーシャルワーカーとともに、療養支援を積極的に行っています。

担当医と専門分野

松室 健士
専門医等 日本神経学会認定神経内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、身体障害者手帳障害認定指定医、難病指定医
専門分野 内科一般、神経内科、リハビリテーション
所属学会 日本神経学会、日本内科学会、日本リハビリテーション医学会

» ページトップ