神経内科


神経内科

増加する疾患にコ・メディカルとの協力体制を強化。

当院の神経内科は、独立した診療科として神経疾患のみを診るのではなく、内科チームの一員として、様々な神経症状に対し、より時間をかけ、神経学診療を重視した診療を行っています。

対象疾患のなかでは、やはり脳血管障害が多く、その初期診断、慢性期治療を行っています。脳血管障害が“ブレインアタック”と呼ばれる時代を迎え、その超急性期においては、初期評価の後、必要に応じて高次医療機関に搬送しています。頻度の高い神経疾患としてパーキンソン病があり、その薬物療法に取り組んでいますが、当院では症状が進行し、ADL(日常生活動作)の低下したパーキンソン病の患者さんの診療を依頼されることが多く、リハビリテーション部門やソーシャルワーカーとともに、療養支援を積極的に行っています。

担当医と専門分野

松室 健士
専門医等 日本神経学会認定神経内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医
専門分野 内科一般、神経内科、リハビリテーション
所属学会 日本神経学会、日本内科学会、日本リハビリテーション医学会

» ページトップ