リハビリについて


リハビリテーション科

入院患者さんを中心に疾患に合わせたリハビリテーションを提供しています。

リハビリテーション科では、一人ひとりの症状に合わせて最適なリハビリテーションが行えるよう、患者の皆さんの障害の回復に向けて全力で取り組んでいます。
具体的には、患者・家族の皆さんを中心に、チーム(医師・看護師・医療ソーシャルワーカー、その他医療スタッフ)と連携したリハビリを進めていくため、カンファレンスを実施し目標、方向性に沿ったリハビリを進めていきます。また、個別対応を重視し、退院後の日常生活を想定したリハビリを行っています。
在宅復帰する患者さんに関しては、必要に応じて家屋調査を実施し、住宅改修・動作指導を行っています。
現在は、理学療法士12名、作業療法士9名、言語療法士2名、専従補助者1名のスタッフで行っています。施設基準は脳血管疾患(Ⅰ)、運動器(Ⅰ)、呼吸器(Ⅰ)、
がん患者、廃用症候群(Ⅰ)となっております。


《理学療法》

術部の痛みのある方へは、物理療法を行い痛みの軽減を図ります。また、関節可動域訓練や筋力トレーニングを行いながら状態に合わせて、起立練習・歩行練習や歩行補助具(杖や歩行器)の選定を行います。

《作業療法》

生活で行われる活動の訓練(排泄や入浴、家事動作など)や、自宅環境の調整(手すりの設置や、段差解消などのアドバイス)を実施し、自宅環境を想定しての動作練習などを行うことで、在宅生活がスムーズに行えるように支援していきます。


図1

《言語聴覚療法》

えんげ障害(食べ物の飲み込みが悪くなる)など言語能力や聴覚能力の向上を目的として、その方のことばに関連する働き(聴く、話す、読む、書く)を改善することを目的とした様々な訓練を行います。

《訪問リハビリ》

退院してからの生活に不安がある方には、当院では3ヶ月程度訪問リハビリを行い、在宅生活における不安解消のお手伝いをさせていただいています。

お問い合わせは TEL 097‐543‐5005


» ページトップ