循環器内科


循環器内科

地域の高次機能病院との連携でしっかりと対応。

循環器内科では主に心臓や血管に由来する病気を対象としています。
 病名としては狭心症、心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症、心不全、そして最もポピュラーなものとして高血圧症があります。現在日本における死因の第2位に心臓病が挙げられ、患者数の激増につれ皆様の関心も非常に高くなっています。

循環器疾患・動脈硬化症発症の多くは生活習慣によると言われています。心臓の病気自体の治療を的確に行うとともに原因となる高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、メタボリックシンドローム、喫煙などの動脈硬化の危険因子を取り除くことが重要です。身体全体の病態・病状を充分にご説明したうえ、必要な投薬を行いますと共に食事療法、運動療法の実際的な方法を処方し、その継続のため援助をいたしております。


病歴をお尋ねし、診察の上、次のような検査をいたします。

 

  • 検尿:尿中蛋白の有無より高血圧や腎臓疾患による腎機能障害をチェック
  • 血液検査:貧血、炎症、肝機能、腎機能、甲状腺機能、その他2次性高血圧症の診断
  • 胸部レントゲン:心拡大、心不全、肺疾患などを診断
  • 心電図:安静時心電図…不整脈、心肥大の診断
    負荷心電図…冠状動脈硬化症の診断
    ホルター心電図…不整脈の有無と頻度を24時間チェック
  • 心エコー:心臓の内部構造(心筋の厚さや弁装置)、血流、心筋壁運動、心筋収縮能、心筋拡張能をチェック


担当医と専門分野

向井 隆一郎
専門医等 日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本体育協会公認スポーツドクター
専門分野 内科一般、循環器内科
所属学会 日本内科学会、日本循環器学会、日本老年医学会
 

» ページトップ