腎臓内科・人工透析内科


腎臓内科・人工透析内科

夜間透析なども行う地域の透析拠点となっています。

診療分野(対象疾患)

急性腎不全、慢性腎不全、糖尿病性腎症、内科疾患関連腎臓病 等

患者の皆さんに『安全で質の高い透析治療』を受けていただくことをまず念頭に置き、常に緊張感を持って業務に当っています。

透析療法の進歩により透析患者の平均余命が延長しています。しかし、その一方で長期透析および高齢化による合併症を持っている透析患者さんが増えてきました。当院ではこの傾向に対して全身管理を行っていく上での総合力、診療部、看護部、リハビリテーション科、栄養科、薬剤科、臨床検査科、放射線科やソーシャルワーカーなど各部門の充実とそれらの連携が問われるようになって来ました。
そこで毎月1回、医師、看護師、臨床工学士、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、臨床放射線技師とソーシャルワーカーからなる透析医療に関わる多職種のスタッフによる学習会と透析カンファランスを行い、夜間透析も実施しており、地域の透析拠点となっています。


担当医と専門分野

末友 祥正
専門医 日本透析医学会認定透析専門医、日本医師会認定産業医、TNT医師
専門分野 内科一般、腎不全、透析療法
所属学会 日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本アフェレーシス学会、日本臨床血液学会、日本臨床内科医会、日本呼吸器学会、日本静脈経腸栄養学会

» ページトップ