検査について


臨床検査科

検体依頼数の98%は院内で実施しています。

当院の臨床検査科は現在、臨床検査技師7名、検査事務員1名のスタッフで構成されています。病理検査と細菌検査および特殊検査は外注していますが、検体依頼数の98%は院内で実施しています。
臨床検査科のスタンスは常に“必要とされる臨床検査技師”です。患者さんを中心とした医療スタッフの一員として専門である臨床検査の情報提供や検査結果に対する疑問を臨床医や看護師、時には他のコ・メディカルなどとディスカッションすることでチーム医療に関わっています。
臨床検査科には大きく分けて、①検体検査(血液・尿・便などから検査)と②生理機能検査(体の一部に電極などを取り付けて検査)の2種類あります。

 

①検体検査について

貧血検査

血液中の赤血球、白血球、血小板の数やヘモグロビンの量を調べる検査です。貧血だけでなく炎症の度合い、また白血病など異常細胞の有無がわかります。

生化学検査

血液中の30種類の成分を測定します。(蛋白質、AST、ALT、γ-GTP、尿酸、コレステロール、他)
肝臓や腎臓、心臓などの臓器の異常や、脂質代謝の異常などを反映します。

免疫血清検査

B型肝炎やC型肝炎などの感染症や甲状腺機能、ほかにも前立腺疾患や鉄欠乏性貧血などの指標として用いられる検査です。

糖尿病検査

血糖値とHbA1cを測定します。HbA1cとは、過去1~2か月の血糖値の平均を反映するものです。
2つを同時に検査することで、糖尿病などの血糖のコントロールの状態を調べます。

凝固検査

3項目:PT(プロトロンビン時間)、APTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)、フィブリノーゲン量を測定することで、血液の固まり方に異常がないかを調べます。
また、PT検査は血栓症の治療薬であるワーファリンの投与量を調節するために大切な検査です。

尿検査

尿中の蛋白や糖、赤血球、白血球について調べます。尿たんぱくは腎機能障害などの発見や治療の指標となります。
また、尿糖は高血糖時や肥満、膵炎、肝硬変や腎機能障害などで高くなることがあります。
赤血球と白血球は泌尿器に出血や炎症があると、尿中に出現、増加していきます。

②生理機能検査について

心電図

心肥大、不整脈、心筋虚血(狭心症、心筋梗塞)などの有無を調べます。

24時間心電図(ホルタ―心電図)

小型の心電計を24時間装着して、長時間の心電図を記録する検査です。
短時間の心電図検査で見つからない不整脈などを見つけることができます。

脈波図検査

この検査は両腕、両足の血圧を測定することにより、血流を調べ、全身の血管の動脈硬化の状態をチェック
しますが、特に下肢の慢性閉塞性動脈硬化症の診断に役立っています。

呼気CO濃度測定

タバコを吸うことでタバコに含まれる200種類以上の有害物質を体内に取り込むことになります。
代表的なものに一酸化炭素、タール、ニコチン等があります。
この検査は、一酸化炭素を指標として有害物質をどのくらい取り込んでいるかを調べるものです。

呼気NO検査

気管支ぜんそくの患者呼気中には、健常者に比べNO(一酸化窒素)が多く含まれます。
呼気中のNO(一酸化窒素)を測定することで、喘息補助診断や気道炎症のマーカーとなる検査です。

無散瞳眼底カメラ

糖尿病性網膜症による眼底出血や高血圧に伴う眼底出血は、大変危険なので早期に診断する必要があります。
自覚症状が無くても検査で異常があればすぐに眼科にご紹介いたします。

鼻腔通気度検査

鼻づまりがないか調べる検査です。主に睡眠時無呼吸症候群や神経性鼻閉症が疑われる時に行います。
CPAP療法をされている方には特に必要な検査です。

電流知覚閾値検査(ニューロメーター)

微量な電気刺激を身体に与え、どの時点で刺激を感じるか調べて末梢神経疾患や糖尿病性神経障害の
有無を検査します。

皮膚灌流圧(SPP)検査

足先の血流を調べる検査です。レーザを用いることで毛細血管レベルの血流を測定することができます。
糖尿病や透析患者の足病変(潰瘍、壊疽等)の早期発見、早期治療に有用な検査です。

睡眠時無呼吸症候群の検査

・簡易スクリーニング検査(SASスクリーニング)
  自宅で睡眠中の呼吸状態や酸素飽和度などを小型の装置に記録します。
・終夜ポリグラフ検査(PSG検査)
  一泊入院していただき脳波、呼吸状態、筋電図、目の動き、体位などから、睡眠の状況を確認します。

放射線科

安全で質の高い医療を提供することに取組んでいます。

放射線科で行われる画像診断検査は、病気の早期発見・診断・治療効果の判定や予防医学といった分野で重要な役割を占めております。
当科の放射線技師は専門分野での役割を実践するため、「患者中心のチーム医療の一員として安全で質の高い医療を提供すること」を理念に揚げ患者の皆様の満足と健康増進に貢献することを目指し取組んでいます。

放射線科の主な業務・設備

174

当科の放射線技師は、放射線技師会、放射線技術会、超音波医学会等多くの学会・研究会に所属し、自己研鑽に努めております。また、シニア放射線技師、アドバンス放射線技師、放射線取り扱い主任者(1種)、放射線機器管理者、放射線管理者などの認定資格を取得し、そこで培われた知識により安全性と技術水準の確保を図り業務に活かしています。

 

一般撮影検査

撮影装置は安定した画質と病室撮影に対応するためインバータ式高圧X線撮影装置とポータブル撮影装置を備えています。また、胸部・腹部の疾患や骨折の診断目的でコンピュータを用いた画像処置装置(CR装置)を導入しています。

X-TV検査

胸部や膵臓・胆道系の精密検査や治療に対応できるようにX-TV装置を備えています。

骨塩定量検査

骨粗鬆症による腰椎や大腿骨の骨折の予防を目的に最も精度の高いDEXA解析による骨塩定量装置を導入し、骨粗鬆症の診断や治療効果の判定を行っております。

超音波検査

腹部(肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓等)や心臓の疾患の診断および動脈硬化の診断を目的に全身用のカラードップラー超音波装置を2台導入しています。

マルチスライスCT検査

患者さんへの負担の軽減と質の高い全身の疾患の診断を目的に64列のマルチスライスCTを導入しています。全身を最小0.5㎜の厚さで観察することができ、脳の動脈瘤や心臓を栄養する冠動脈の検査にも対応できます。

基本方針

159

理念を実践するために6つの基本方針を揚げて取組んでいます。

  1. 根拠に基づいた画像判断検査の確立・実践と地域医療機関との連携を目指し、医療の質を高めます。
  2. 高度な専門知識と最新の放射線技術を身につけ、最適な医療サービスを提供します。
  3. 線量の最適化・品質保証・個人情報の保護に努め、安全性を確保した質の高い医療を提供します。
  4. 医療動向や地域のニーズへ対応するとともに効率的な放射線部門の運営を行います。
  5. 協調と連携によりチーム医療を実践します。
  6. 生涯教育を実践し、安全性と技術水準の確保を図ります。

 

» ページトップ