医療従事者の負担軽減および処遇改善に対する取組み事項


医療従事者の負担軽減および処遇改善に対する取組み事項

 
当院では医療従事者の負担軽減および処遇改善のため、以下の項目について取組みを行っております。
 
 
【勤務医】の負担軽減および処遇改善
  1. 医師と医療関係職種との役割分担
    • ・初診時の予診の実施
    • ・静脈採血等の実施
    • ・入院の説明の実施
    • ・検査手順の説明の実施
    • ・服薬指導
    • ・栄養指導
    • ・入退院調整及び支援
    • ・医師事務作業の補助
  2. 勤務計画上、連続当直を行わない勤務体制に実施
  3. 前日の終業時刻と翌日の始業時刻の間の一定時間の休息の確保
  4. 当直翌日の業務内容に対する配慮
 
 
【看護師】の負担軽減および処遇改善
  1. 業務量の調整
  2. 看護師と他職種との業務分担
    • ・薬剤師
    • ・臨床検査技師
    • ・社会福祉士
    • ・理学療法士等
    • ・放射線技師
    • ・管理栄養士
    • ・臨床工学技士
  3. 介護職員および事務作業補助の配置
    • ・介護職員の手厚い配置
    • ・介護職員の夜間配置
    • ・事務作業補助者の配置
  4. 夜間負担の軽減
    • ・夜勤明けの暦日の休日の確保
    • ・月の夜勤回数の上限設定
 
 
【全職員】の負担軽減および処遇改善
  1. 多様な勤務形態の導入
  2. 夜勤や時間外超過勤務の減免
  3. 半日、時間単位休暇制度の導入
  4. 産休育休制度の充実
 
大分記念病院 病院長 向井隆一郎
 
2012年4月1日作成
 
2018年4月1日改訂

» ページトップ